紅葉堂
会社案内 商品ご案内 紅葉堂のこだわり カステラ博物館 ホーム
生産者の声
製造部部長 伊野 松彦

製造部 部長
 
お菓子というのは、商品特性に応じた均一性が最も大切なんです。そのうえ我が社は、機械でいかに手作りの味に近づけるかをモットーにしていますが、これもなかなか難しい。また、製造部門が積極的に新製品開発に携わるようにしています。お客様との距離を短くできますし、マーケティング意識を強く持てますからね。ですから、我が社の営業と製造はとっても仲がいいんですよ。お客様の「ほんとに美味しかったよ!」との声をお聞きしたいという願いが一緒だからでしょうね。全社一丸となってチャレンジしていきます。
 
製造部係長 嶋崎 和美

製造部
 
私は、お菓子の専門学校に通っていたほどのお菓子好きなんです。でも将来、自分のお店を持つことが夢ですから、毎日お菓子づくりに携われて幸せです。現在は、どら焼きラインで生地づくりから包装・箱詰めまでの一貫した作業工程を受け持っています。どら焼きは、餡を2枚の皮でサンドするという製品ですから、形、色などの焼き具合を均一に仕上げることが、とても重要で、難しいんですよ。さらに温度・湿度などの外的要因も考慮しなければならず、その場の状況に応じた微妙な火力調節に神経を遣っています。
 
製造部 新井 澄美

製造部
 
私は主にカステラやどら焼き、カップケーキラインの包装を担当していますが、異物混入がないか、とっても気を遣います。でも日頃はパートの人たちと和気あいあい楽しくやっています。私の場合は、叔父さんがパン屋さんだったこともあり、小さい頃から姉と一緒にお菓子を作ることが、趣味のようになっていましたが、お菓子の会社に勤められて幸せです。今後チャンスがあれば、自分のオリジナリティを発揮した商品を開発して、市場に送り出したいですね。
製造部 八巻 早なえ

製造部
 
小学生の頃、いとこのお姉さんにお菓子づくりを教わったのがキッカケで、その魅力にはまりました。今でも月一回は必ず洋菓子を作っては、会社で仲間と一緒にワイガヤで食べています。その私が担当しているのは、どら焼きの包装ラインです。自分が大好きなお菓子だから、なおさら気持ちが移入され、自分が買ったり、食べたりするときの気持ちになって、品質をチェックしますから、つい厳しい目付きになってしまうんですよ。好きなお菓子に囲まれて幸せですが、自分も新製品開発にもっと携わっていきたいですね。
ページトップへ